河鍋暁斎の底力展はぜひとも見ておきたい!東京ステーションギャラリー

首都圏の感染者が、ものすごく増えてしまったので、この話題を書くのはちょっと気がひけるのですが。

(もっと早く書けば良かったなぁー)

東京ステーションギャラリーの、河鍋暁斎展がめちゃくちゃよかった!

知り合いの編集さんにお誘いを受けて、昨年11月末に、東京ステーションギャラリーの「河鍋暁斎展」に行きました。

すべて肉筆、直筆!!なので、その絵のパワーが直接、見ている人に来る!!! 河鍋暁斎、天才!

この時代なので、トレペもないし、消しゴムがあるわけでもない。ので、修正するときは、上から別の和紙を張って、描き直します。
そういう細かいことは、出来上がった本画や浮世絵版画ではわかりません。

どんな風にして描いていたかがとてもよくわかる展覧会でした。

 

 

いつも、和紙を閉じた小さな手帖を懐に入れていて、気になるものを見かけると直ぐスケッチ。何でもかんでもスケッチ。3歳の時にカエルが描きたいと写生する。

10歳の時に、生首を見つけてきてそれを写生する。17歳の頃、女の人の着物の帯の柄が気にいると、追いかけて行って写生する。

 

描くことへのものすごい情熱とパワーを感じた展覧会。膨大な量の下絵と写生がたっぷり見られます。

 

毎日それなりに忙しいし、それなりに描いてはいるんだけど、でもやっぱりなんとなく過ごしてしまっている自分を深く反省。なんというか、ガツン、とやられたような衝撃でした。

 

この時期、あんまり頻繁には出かけられないと思いますが、東京近辺の人には、感染対策をして、予約して是非見に行っていただきたいです。描く人にとっては必見です。直接来るパワーがものすごいです。それくらい素晴らしかった。

東京にいる間に2回見に行きました。もう一度見たい。

もう難しいかな。

 

 

入場場所と展覧会チケットの買い方

チケットは、東京ステーションギャラリーのサイトから予約して、ローソンで受け取ってからでないと、入場できません。東京駅という、すごくわかりやすい場所なので、機会があったらぜひ。

**東京駅の丸の内北口に、入口があります。

2月7日まで。

東京ステーションギャラリー展覧会〜2021年 2/7まで

スポンサーリンク
pickup
おすすめの記事