目の疲れと頭痛で 仕事できない...市販薬も良いけど眼科で検診を!

ときどき、仕事をぶっ続けでやっていると、目の奥が痛くなります。頭痛がひどくて、作業ができないこともあります。

大抵は、少し目を休ませるか、ビタミンB剤(QPコーワゴールドとか)を飲むかで、よくなりますが。そういかないこともあります。

30代の終わり頃、目が痛くて描けなくなった

30代の終わり頃、目が痛くて、頭痛がひどくて、仕事を断らなくてはいけなかったことがありました。期間にして、3ヶ月くらい。

朝起きてすぐから、もう目の奥が痛くて、頭痛がする..

少しスケッチしただけで、もう痛くて、目が開けていられなくなるほど。

 

眼科へ行きましたが、眼精疲労と言われただけ。

 

その後、整形外科や婦人科や、勧められるままあちこちへ行きましたが、原因がわからず。肩こりがひどいのかも、と、マッサージに行きましたがたいして良くならない。

ヨガへ行ったり、散歩したり。眼科でもらったビタミンB12はずっと飲んでいました。

 

結局、しばらく仕事を休んで、定期的に体を動かすようにしているうちに少しずつ良くなって行きました。

あの時の痛みはなんだったのか、いまだによくわかりませんが、しばらくがんばった疲れが出たのだろうと思っています。

目の疲れがひどい時の対策は

それからは、肩こりが酷くなりすぎないように、気をつけています。

時々ストレッチしたり。ヨガも一通り習ったので、今も一応ポーズができます。

それでも、すごく目が疲れてしまって、耳の後ろがピリッと、またはズキンと痛くなったりするときは、仕方なく少し休みます。

おすすめの市販薬

一応対策は取っています。

目の疲れにはこれを。肩が凝ったなぁというときも、これを3日くらい続けて飲むと楽になります。そんなに即効性があるわけではないのですが、ちゃんと効く。

 

 

でも最近、老眼が進んできて、大した作業をしたわけでもないのにすごく疲れる気がする、ので探したところ、人気の高い評判の良いものを見つけました。

この手の市販薬は結構いろいろ出ているようですが、レビュー数の多い評判の良いものを飲んでみることにしました。

created by Rinker
¥1,389 (2019/10/20 06:40:45時点 楽天市場調べ-詳細)

 

私が飲んでいるのは、ロートの方。3日目でまだ飲み始めたばかりなのでわかりませんが、知り合いに、ルテインの入ってる高い薬を飲み始めたら、老眼鏡がいらなくなった、と聞いたのです。騙されたと思って飲んでみようか、くらいの気持ちです。

 

でも、たしかに飲むと目の奥が楽になるような気はします。

私は、すごい近眼です

**ちなみに、私は、ど近眼です。両目とも、0.03。近眼の人は、年を取っても老眼にならないと聞いたことがあるけど、うそです。ちゃんとなります。残念ながら。

 

ただ、通常よりも近いところを見るように変化した目、なので、あまり気にせずに近くのものが見えているというだけです。

割と細密な絵を描く方なので、このままいけるかも、と思ってたけどダメでした。まともに老眼になってしまったよ。なので、これから、ロート とか めなり とかを飲んで少しでも、老眼鏡やルーペに頼らずに描けるようになりたいです。

 

私自身の場合ですが、老眼鏡よりも、近眼用の弱いのをいくつか持って、かけ直す方が、目が疲れにくい気がします。

 

老眼用のコンタクトも使っていますが、たいしてよくない。というか、これは初期の老眼用なのかな。

あまり見やすいとは思えません。合ってないだけかもしれないし。コンタクトレンズは、いろんな老眼タイプが出ているようなので、お試しで、楽天でいくつか試してみると良さそうです。

 

**ほんとに細部を描くときは、裸眼です。

長く仕事を続けるために、目は大切に。検診も必ず受けて。

目も大切な商売道具だということを、30代の時の経験から思い知りました。

同業の友人や知人には、緑内障の人が3人もいます。どうか目を大切に。

最近は、緑内障でも早期にわかれば、良い薬もあるし対策をとって、進行しないようにできます。

 

自分は目はすごく良くて、別に不都合はない、というときでも、どうか年に一回は検診を受けてください。知らない間に眼圧が上がっていることもあるし、緑内障は気づかない間に視野が欠けます。

 

私は、外出の際はコンタクトレンズを使うので、定期的に、目の検診を受けるようにしています。

目の疲れを防ぐ対策、まとめ

*一定時間が来たら、目を瞑って休ませる。10分、目を閉じているだけでも疲れが取れます。(NHK,ためしてガッテンから)

*ヨガやストレッチで、コリをほぐす

*ビタミン剤をとる、QPコーワIプラスなどビタミンB剤が主体のもの。

*定期的に目の検診を受ける

 

pickup
おすすめの記事