お絵かき、デッサンなど。写真を見て描くトレーニング。

絵の基本はデッサンとわかってはいるんですが。

美大に行ったわけでもなく、基本を何も学んできませんでした。

でも、イラストレーターだの、絵本作家を名乗る以上、デッサンが苦手で~,というわけにはいきません。

 

私は、写真を見て、毎日描くことで、デッサン力を上げてきました。

 

よく、絵描き系の仕事を目指す人へのアドバイスで、写真を見てデッサンしてもダメです、って言われるんだけど。

それって恵まれた環境にいる、人生これからの若い人へのアドバイスであって。

 

 

たとえば、美術系の学校へ行ってない、普通のサラリーマンや主婦なんかが、ある日突然、イラストレーターになろう、と思ったりしたら、どうすればいい?

人物を見てデッサンなんて無理。

そりゃあ、探せば、都会ならば、ヌードデッサン会とかあるでしょうけど。

地方に住んでたり、激務だったり、小さい子供がいたりすると、そもそもデッサン会なんか出かける時間がなかったりします。

 

私はこの問題に直面しました。

 

で、やっぱりおすすめは、写真を見て真似することなんですね。

よくないっていう意見は、この際無視。とにかく毎日描く。できることはなんでもやる。

絶対 描けるようになるから。

自分の手に、人の顔はこう、足を曲げたら、こう見える、とか、ねこは手足がこんな風についてる、とか手に覚えこませるんです。

ビデオを見ながら、いいポーズがあったら、一時停止して、ささっと描くとか。

手を動かして、トレーニングすることに無駄はありません。

写真を見て・描く。ぜひやってみてください。

ってことで、またね。

 

スポンサーリンク
pickup
おすすめの記事