絵本で、ウケる題材、ってある?アフィリエイトとの共通点..

絵本でウケる題材とは。

絵本において、受けるネタとか、うける話を探すという時点で、なんかいやらしいな、と思いますが。

子供の喜ぶものってそこじゃないだろうし、売れる絵本を作るとか、お金のことばかり考えるのはありえない、という方もいるかもしれませんが。

でも、出版社にとって、これは人気の題材、というか、出せば必ず一定部数が見込める題材というのがあります。

 

直接聞いたことはありませんが、仕事を続けるうちになんとなく、この題材だと良さそうだな、というのはわかってくるし、需要があって世の中に必要な題材も多いです。

そういう方向を見越して、その中で新しい表現はないか、おもしろいお話がかけないか、あれこれアイデアを練るのはかなり興味深く、戦略的にありだなと思っています。

 

戦略的に、なんて書いてる時点で、やだな、という人もいるかもですが、絵本てやっぱり商品なので、売れてこそ、です。

(イラストの売り込みに行った時、わたしの描いたものを見て、

「これじゃ時間がかかりすぎるでしょう?あなたみたいなひとはどういう戦略で行くのがいいかなぁ。考えていかないとね。」

と言ってくれた著名なアートディレクターがいました...戦略って必要なのか..と初めて思いました。)

 

アフィリエイトで、稼げるテーマと、絵本で人気が出そうなテーマは似ているかもしれない

2,3年前に、ネットビジネスの、アフィリエイトというのを知って、世の中にはブロガーという仕事を持つ人たちがいることを知りました。

 

いったいブロガーでどうやって稼ぐんだろうと不思議でしたが。

多く検索されるテーマで、記事を書いて、そこに企業の広告を貼り付け、クリック回数によって報酬が発生する。

で、少し、教材を買ったり、メルマガを読んだりして、ブログの書き方を勉強してみたんですね。

 

そうしたら、多く検索される記事が、イベント記事、季節の出来事(ハロウィーン ,クリスマス、七夕、花火大会)、雨や雪.台風などの天気関係、病気、クレジットカード、ダイエット、食べ物、ペットなどの動物、子育てなど。

 

絵本でも、たくさん描かれるテーマが、日本の季節の行事、子供の成長、雨とか雪とか天気関係、食べ物、動物もの...

 

重なってますよね。

だからどうなんだって、いう話ですが、一般にウケるもの、誰でも興味があって、知りたいことや調べたいことは、絵本もアフィリエイトも結構似ているなぁと思ったのでした。

こういうテーマなら、常にたくさん描かれててしかも常に需要があります。

 

絵本でも、ビジネス的な視点は必要

絵本のテーマを選ぶときに、そういうことをひととおり知っておくのも大事かも。需要の多いテーマに添って書けば、必ず一定の売り上げが見込めるからです。

 

もちろん、あえてはずし、というのか、最近は大人も絵本を買うようになってきているので、以前よりもテーマは多岐にわたっていますが。

 

ってことで、人気の絵本テーマは、かなり大人の場合(アフィリエイト)とも共通点があるという話でした。

 

すみません。あんまり絵本を作る人には役立たない話でしたね。

おすすめの記事