水彩絵具をウィンザーニュートンからシュミンケホラダムに変更。

最近、仕事で使っている透明水彩絵の具を、ウィンザーニュートンのチューブ入りからシュミンケホラダムのハーフパンに変えました。

今もウィンザーニュートンは使ってるし、今後も使うだろうけど、メインをシュミンケに変更したということ。

シュミンケはすごく高価なので、ずっと二の足を踏んでいたのですが、あー、もっと早く使えばよかった!です。

理由:良い点

    • 発色がきれい、色味が濃い、これが一番。ウィンザーニュートンは透明度がとても高く、美しい色彩ですが、強く色を出したい時は、何度も塗り重ねなくてはいけなくてちょっと大変なので。
    • チューブから出す手間がない(ウィンザーニュートンのコットマンシリーズもそうですが)チューブの蓋が硬くて、あけられなかったり。いつのまにか中の絵の具が固まっててtでてこなかったり。
    • すごく溶けやすい。すぐつかえる。
    • パレット付き

理由:よくない点

  • 高い。海外のショップだともっと安く買えますが。半額くらいで買えるので検索してみてください。
  • ハーフパンはパレットに設置するのがめんどくさい
  • パレットが小さいので、大画面に描くのは向いていない。
スポンサーリンク
pickup
おすすめの記事