描く時間&書く時間がない!すきま時間を使う。時間は作る。

時間がないです。

いつも忙しい。

世の中、みんな忙しい。

忙しくない人なんて、まずいないでしょう。

時間がないと言っていたら、たぶん何もできないんです。すき間時間を使うしかありません。

みんな忙しい。描く時間&書く時間を確保するには

そうはいっても、子育て中はなかなかむずかしい時もあるんだけれど。

自分の意思で、時間を使うことが全くできないから。親の都合なんておかまいなしに、子供は病気したり怪我したり夜泣きしたり。全然計画通りにいきません。

子供が起きている間はちっとも目を離せないし、急に熱を出したり、おとなしいなぁと思ってると、とんでもないことしていたり、夜になればなったで なかなか寝てくれなかったり、やっと寝てくれて、自分の時間がきた!と思えば、 こちらはもうぐったり疲れてしまって、寝落ちして なんてこともあります。

知り合いから電話がかかってきても、子供のいたずらで 話が中断してしまうこともたびたび。

えっと何の話をしていたんだっけ、とあとになっても思い出せなかったり。

時間のないとき、わたしがやっている方法/時間は作る

私は、子育ては終わりましたが、ネットショップの運営もあるし 、特に父の介護があった数年間は、細切れの時間でやっていくしかありませんでした。

1)その頃、やっていたのは、小さなノートと鉛筆をあちこちに用意しておいて、なにか思いついたらすぐメモする、という方法。

たまに、おはなしのいいアイデアを思いつくことがあって、そういうときこそ忘れずに、バーっと書いておきます。

 

そのおはなしのタネを入れておく箱があるといいかなと準備したけど、結局使いませんでした。

ノートに書き留めておいて、気が付いた時に、その箇所に付箋を貼っておく。

 

人それぞれ、向いた方法があると思うので、自分でいろいろやってみるのがいいかな。

 

私は整理整頓が苦手なので、ノートに何でも書き留めて、そのノートの置き場所を決めておき、時間のあるときに見返す、ということをしています。。

 

あとは、そうだなぁ。デッサンの練習!

デッサンの練習はいつでもどこでも

2)デッサンの練習なんかは、頭はそんなに使わないから、子供たちがテーブルの周りで遊んだりけんかしたりしてうるさい中で、描いていました。

デッサンはテレビ見ながらでもやれます。子供のポーズ集、みたいなのがよく出ているので、それを見ながら描く。

あるいは、ネットでたくさん画像が出て来るから、それをデッサンする。写真を見て描くのは良くないという人もいるけれど、何もしないよりもずっとずっといいです。

少しずつでもスキルを上げていくことはできます。

iPadにApple Pencilもいいですね。いつでもどこでも描ける。

私も持っているんだけれど、あんまり使ってない...

無印良品の、95円の無地ノート(30枚、つまり60ページ)を使っています。pigmaペンで、思いつくとなんでも描いています。&書いています。

時間は自分で作るという意識を持つ、睡眠は減らさない

時間は、誰にとっても平等。1日24時間。

なかなかたいへんだけど、自分で時間を作る。

1日15分でもいいので、何かを休まずに続ける。その15分間はたとえ短くても、集中する。

 

家事や雑用は、一度に二つのことをやったり(洗濯機を回しながら、お風呂掃除、掃除機かけるとか)

経済的に余裕があるなら、お金で解決できる部分はお金で。

食洗機を買う、自動の掃除機を買う、あるいは週に一度、プロの人に掃除に来てもらう。

割り切ることも必要です。

そして、睡眠はしっかり取る。削ってはダメ。結局、後々響いてくるから。

体力のある学生時代に、徹夜で勉強するのとはわけが違います。本業があって、その上でイラストや絵本の仕事をしたいというんだったらなおさら。

(実際に仕事を始めると、そうも言ってられなくて、睡眠を削って描くこともあります。が、できる限り睡眠は確保!)

うまい時間を使いかたをいつも考えています。

おすすめの記事